Economist 英文 多読 英字新聞

英字新聞で世界を読む

Economist: Parallels with Taiwan colour Asian views of the war in Ukraine

英字新聞で世界を読むワークショップ2022.3.2講義 (アジアでは、台湾問題との対比でウクライナでの戦争が取り沙汰される) 概要 2月24日、ロシアがウクライナへの侵攻を開始しました。 始まって分かっ...
英字新聞で世界を読む

Economist: Asia’s premier trade pact needs stronger foundations

英字新聞で世界を読むワークショップ2022.2.23講義 (アジア第一の貿易協定にはより強固な基盤が必要) 概要 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は国内的にもすったもんだしましたがトランプ大統領下でアメリ...
英字新聞で世界を読む

Economist: How to detect nationalism in winter-sport judges

英字新聞で世界を読むワークショップ2022.2.16講義 (ロシアがウクライナを脅かすほど、東欧諸国は心配になる) 概要 冬季スポーツの審判員の自国びいき度合いを判別する方法)--- 北京オリンピックが...
英字新聞で世界を読む

Economist: As Russia menaces Ukraine, eastern European countries grow nervous

英字新聞で世界を読むワークショップ2022.2.9講義 (ロシアがウクライナを脅かすほど、東欧諸国は心配になる) 概要 ロシアがウクライナ国境に大量派兵して米国とNATOがこれに対抗する姿勢を明示。 有...
英字新聞で世界を読む

Economist: How Kazakhstan became more Kazakh

英字新聞で世界を読むワークショップ2022.2.2講義 (カザフスタンはいかにさらにカザフ化したか) 概要 元ソビエトの中央アジア諸国って日本人からは全く関心を持たれない感じです。 今年に入ってカザフス...
英字新聞で世界を読む

Economist: The science behind the first successful pig-to-human heart transplant

英字新聞で世界を読むワークショップ2022.1.26講義 (ブタから人間への心臓移植を成功させた科学の力) 概要 数ある動物の中でブタの臓器が一番人間に似ているとかで製薬の実験にはブタがよく用いられると聞いた...
英字新聞で世界を読む

Economist: A corruption probe is only the latest of Chinese insurers’ woes

英字新聞で世界を読むワークショップ2022.1.19講義 (目立たないけど、仲買人がアフリカ農業を回しているち上がった) 概要 汚職捜査は中国保険産業の悲嘆の最新要素に過ぎない)--- ここ1、2年、中...
英字新聞で世界を読む

Economist: Middlemen are the invisible links in African agriculture

英字新聞で世界を読むワークショップ2022.1.12講義 (目立たないけど、仲買人がアフリカ農業を回しているち上がった) 概要 アフリカの農家はずっと搾取されていてウガンダのコーヒー豆の場合、輸出価格の20%...
英字新聞で世界を読む

Economist: The world is waking up to the scourge of illegal fishing

英字新聞で世界を読むワークショップ2022.1.5講義 (世界は密漁撲滅に立ち上がった) 概要 2022年、初講座は明るい話題です。 世界の漁獲高の2~5割を占めると言われている(遠洋漁業の)密漁が激減...
英字新聞で世界を読む

Economist: Africans are winning top jobs at international institutions

英字新聞で世界を読むワークショップ2021.12.22講義 (アフリカ人が国際機関の要職を席捲し始め中) 概要 国連等主要国際機関のトップはおおむね白人で占められてきました。 2017年まではアフリカ大...
PAGE TOP